この記事では、日本のFX会社ではなく海外のFX会社を選択する理由について具体的に説明していきます。

海外FX会社には、日本のFX会社にない4つの大きなメリットがあります。わざわざ海外口座を開設するのですから、これらのメリットを最大限生かしていきましょう。

比べ物にならないほど高いレバレッジ

海外FX会社では、ほとんどのブローカーで100倍以上のレバレッジでの口座開設が可能です。

Exnessという業者では、なんと最大21億倍という驚異的なレバレッジを提供しています。日本人に人気のあるXMという業者も、最大888倍という非常に高いレバレッジが魅力です。

100倍以上と聞くと、そのあまりのハイレバレッジに二の足を踏みそうになる人もいるでしょう。もしくは、そんな大きすぎる取引で成功するわけがない、非現実的だと感じる人もいるかもしれません。

しかし、私の知り合いには勝率が高そうなときに海外FX会社を通じてハイレバレッジでの取引をし、たった1カ月で100万円を1,600万円に増やした人もいます。

このように、海外FX会社であればハイレバレッジでの取引ができるため、ここ一番で大きく勝負したいときに利用すれば莫大な利益を得ることも可能です。

ハイレバレッジというと、どうしても一方向に大きくトレードするハイリスク・ハイリターンのギャンブルのようなイメージを抱かれてしまいがちです。

もちろん、きちんとした分析や資金管理なしに手を出すのは問題ですが、使うポイントさえ間違えなければ、トレードの際に有効に作用するものでもあるのです。

CFD取引も可能

海外FX会社は、通貨以外のCFDが取引できない日本のFX会社とは違い、株価指数先物や金などのCFDも同一口座で取引をすることが可能です。

CFDとは、ContractForDifferenceの略語で「差金決済取引」のことを指します。ざっくりいえば、CFDは金や日経平均株価などの商品指数をFXのようにレバレッジをかけて取引する金融商品です。CFDをトレードに加えると取引の幅が広がり、利益を狙う機会も多くなります。

複数口座に対応している

日本のFX会社では、原則1業者につき1つの口座しか保有することができませんが、海外のFX会社の多くは複数口座の保有が可能です。1つの投資手法だけを行うのであれば1つの口座だけでも問題はないのですが、多数の戦略を使う場合は様々な問題が出てきます。

XMで追加口座を開設する方法

たとえば、指標発表後のトレードやスキャルピング、スイングトレード、逆張りナンピンなどの複数の戦略を1つの口座でやっていたとしたら、一体どの戦略がどれだけの利益を出しているのかを把握するのは困難です。

また、複数のEA(自動売買ソフト)を1つの口座で使うと、どのEAが勝っているかも把握しにくくなります。

その点、口座を分けておけば「スキャルピングや指標発表後のトレードは勝っているが、スイングトレードは負けが多い」など、自分のトレードを客観的に確認することができます。つまり、自分がどんな投資法に向いていて、どんな投資法に向いていないかが分析しやすくなるということです。

このようにトレードごとの成果がわかれば、負けている通貨ペアや投資法を停止したり、取引数量を減らしたり、特に勝っている方法に資金配分を傾けたりする、といった細かな戦略を立てることができるため、結果的に収益率のUPにつながります。

初めて海外FX会社で口座開設される方は、まずは3口座くらいから始めるとよいでしょう。

海外FX会社の場合、一度口座を開設しさえすればマイページから簡単に追加口座を開設できるところが多いです。そのため、必要に応じてすぐに口座を増やすことができます。

また、口座ごとの分け方としては、EA、スイングトレード、スキャル、指標後トレードといったかたちが取り組みやすいです。ただし、EAを複数使っている場合は稼働個数によって口座を用意したほうがよいでしょう。

私はEAを多数使っているため、少額でのテスト口座も含め数十個の口座を開設し、運用しています。EA用などで口座数が増えてくると、自前PCだけでは容量が足りなくなるためVPS(VirtualPrivateServer・仮想専用サーバ)を借りることで対処しています。

当然、この方法はコストもかかりますので、まずはお持ちのPCで無理なく動く範囲の口座数から始めましょう。最近のPCであれば3口座(MT4を3つ同時起動)程度なら問題なく稼働できます。

世界標準のプラットフォームMT4が使える

海外FX会社で最も普及している標準的な取引プラットフォーム(取引をするためのツール)は「MT4」です。「MT4」はEAを利用して、簡単に自動売買を行うことができる機能も搭載されています。

さらに、「MT4」のコミュニティーサイトである「MQL5コミュニティー」には、世界中の様々な運用口座のなかから気に入ったトレーダーの売買を利用する「MT4シグナル」という機能も搭載されています。

「MT4シグナル」は、簡単にいえば世界中のプロの取引を自分の口座に簡単に反映させることができるサービスです。

プロトレーダーがどのようなタイミングで、どのような通貨ペアの売買を行っているかがリアルタイムでわかることに加え、その売買を自分の口座でもシステム的に行ってくれるので、初心者から中級者にとってはとてもありがたいサービスといえるでしょう。

また、そうしたプロの取引をなぞりながら、自分のトレードスタイルを確立するための勉強をすることもできます。

日本のFX会社でも「MT4」を採用している会社は多数あります。けれども、複数口座開設に対応し、かつ「MT4シグナル」にも対応している会社は存在しません。

これらのサービスを使えるという点だけでも、海外口座を利用するメリットは非常に大きいものだといえるでしょう。